BREAKING NEWS

[15]

浪漫音楽詩人-大作曲家李泰祥テーマ音楽会

日にち:2016年11月12日(土)
時間:19:00から21:00まで
場所:向山観光客センター

出演グループ

プログラム製作:築文創芸術股份有限公司
プロデューサー:藍祖蔚
編曲/プログラム顧問:李奕青
指揮:楊智欽
出演:国立台湾交響楽団、台中合唱団
歌唱:萬芳、李建復、許景淳、林文俊、林芊君

出演内容

1.第一章節:原鄉音樂
先住民の神話管弦楽組曲-狩猟
演奏:国立台湾交響団
2.第二章節:詩人と歌
01.黄山/馬森
出演:李建復、国立台湾交響楽団
02春天的物語/李泰祥
出演:李建復、国立台湾交響楽団
03.輪迴/鐘籬之
出演:許景淳、国立台湾交響楽団
04.自彼此遇見你/杜十三
出演:林文俊、国立台湾交響楽団
05.一條日光大道/三毛
出演:李建復、萬芳、許景淳、林文俊、林芊君、国立台湾交響楽団
3.第三章節:鄉土の音楽
01.恆春の民謠
演奏:国立台湾交響楽団
02.草螟弄雞公
演奏:国立台湾交響楽団
03.丟丟銅仔
演奏:国立台湾交響楽団
04.天黑黑
演奏:国立台湾交響楽団
4.第四章節:映画音楽
01.橄欖樹(映画‐歓顔から)
出演:許景淳、国立台湾交響楽団
02.你是我所有的回憶(映画-今年湖畔會很冷から)
出演:林芊君、国立台湾交響楽団
03.蝶戀(映画-情定威尼斯から)
演奏:国立台湾交響楽団
04.討海人(映画-沒卵頭家から)
出演:林文俊、国立台湾交響楽団
05.歓顔(映画-歓顔から)
出演:許景淳、国立台湾交響楽団

規格縁起

1824年ウィーンで、すでに耳が聞こえなくなった偉大な作曲家ベートーベンが名誉指揮を担当して、自身が創作した《交響曲第9番》を初めて演奏しましたが、演奏が終わったその瞬間まで、彼は自分の音楽を本当に聞いたことがありませんでした。舞台上で亡くなったイタリアの名指揮者シノーポリは精神心理学の医学博士学位と考古学博士の野学位を持ち、イタリア人の身分で正統ドイツ音楽のドレスデン交響楽団を代表しました。

彼の音楽理性は正確で情感があふれていましたが、2001年4月20日、ドイツ歌劇院での演奏が、自分の最後の一晩になることを知りませんでした。
天才の宿命は常に多くの無常が交錯していて、多くの言葉では表現できない人生の課題があり、人の人としての価値を試されて、世の中の人に天才の苦痛によって命の大切さを感じさせています。

亡くなって2年後に国家芸賞を受賞した作曲家の李泰祥は、まさにこのような私たちが熟知している天才です。彼は才能に溢れ,創作は無数でした。彼は自ら情熱の扇を仰ぎ、ロマンで愛情を掻き立て、甘く楽しい、そしてその後の失落苦痛をそれぞれ彼の音楽の養分にしました。彼はかつて流行歌歌手のために歌を作り、映画のために音楽を編曲し、しっかりした西洋のクラシック音楽の背景がある李泰祥は、常に自分が生長した土地にインスピレーションを求め、作曲家から病魔と闘う命の闘士になるまで、李泰祥は音楽への熱愛を放棄することはありませんでした。楽譜と情感の中で、自分の人生を実践していました。彼は時代の記憶、社会の傷跡を代表していて、彼はロマン主義の極致を表現するため、音楽で人に信念をもたらし、音楽で一つの世代の輝きを記録しました。

この世代交代の時期に、私たちは李泰祥の音楽を起点に出発し、彼の映画音楽、民謡、先住民音楽、そして文学界を横断した美しい音符をもう一度紐解き、国家レベルの国立台湾交響楽団の真摯な演奏を通じて、再度全ての彼の音楽と生命に感動されたファンを感動させます。

浪漫音楽詩人-大作曲家李泰祥テーマ音楽会 浪漫音楽詩人-大作曲家李泰祥テーマ音楽会 Reviewed by 日月潭花火節 on 土曜日, 11月 12, 2016 Rating: 5