BREAKING NEWS

[15]

1㎏の旅行

概このコンセプトは余海氏の《1㎏余分に背負う》ことに始まります。一種の公益旅行で、旅行者は旅行に出発する前に、家の中の不要になった生活用品や衣類を整理して旅行時に携帯し、目的地に到着した時に当地の児童養護施設、辺境の児童、一人暮らしの老人に寄贈します。物資を携帯することで当地の人々との交流が生まれ、寄贈する行動は与えるものではなく友達関係を作ることになり、さらに物品のライフサイクル延長にもつながります。

旅行に出かける理由は多種様々ですが、それはほとんど一時の休憩、身心のリラックスにほかなりません。また俗に「助人為快楽之本(人を助けることは、楽しさの源である)」とも言われています。旅の途中で公益ができれば、その旅行は決して忘れることのできない2倍も満足できる旅になることでしょう。

これまでと違った場所の、2016年日月潭花火祭り自転車フェスティバルの身をもって体験し努力して実行する公益投入活動は、公益団体と共に専属の活動限定版記念品を作るだけではなく、観光客はさらに10/29明潭花火復興弦音、11/12ロマンの音楽詩人‐大作曲家李泰祥テーマ音楽会で「仁愛の家」サービスカウンターに下記の物資を寄贈できます。また、皆さんには、寄贈する物資は、仁愛の家の困惑或いは物資の浪費につながらないように、以下の必需物資を主にしてくださるようお願いします。

さあ、皆さん、荷物をまとめて、私たちは商売繁盛を願い、愛と同行しましょう。


必要物資

  • バスタオル
  • 洗面用タオル
  • シャンプー
  • ボディソープ
  • 速乾手洗い消毒液
  • ティッシュペーパー
  • 電子血圧計
  • ヘアドライヤー
  • 電池
  • 体温計
  • ウェットティッシュ
  • 豚肉そぼろ
  • 乳液
  • 大/小紙おむつ

南投仁愛之家

  • 地址:南投縣南投市民族路617號
  • 電話:049-2222151


1㎏の旅行 1㎏の旅行 Reviewed by 日月潭花火節 on 金曜日, 9月 09, 2016 Rating: 5